〔予想〕〔函館2000〕函館記念

JRA競馬場の中でも完全洋芝、小回り、高低差、直線の短さとかなり個性の強い函館。これは傾向が偏りやすいんじゃかなろうかと基本のところから確認してみよう。まずは脚質。思った通り逃げに超偏ってる。函館2000の直近25レースのデータを見てみると逃げが7-3-2-13、勝率28%、単回値308と圧倒的。もうこれは逃げ馬を予想するレースでしょう。もう一つ興味深いのはマクリが4-2-0-3、勝率44.4%、単回値172の高い数値を出しているところ。マクリはどの競馬場でも高い数値になりやすいんだけどそもそも母数が少ないもの。ただ、函館では直近25レース中9レースで捲った馬が存在して更に6レースで連に絡んでいるというのは偶然ではなさそう。直線が極端に短いから差し馬や追込み馬が早めに仕掛けてそうなるんだろうな。普段しないような極端な予想だけど逃げそうな馬を軸に、紐には末脚自慢の追込み馬を加えて検討。優先すべきは純粋な馬の地力よりも適性や条件面。過去3年連続で三連単57万、91万、23万と高配当が出ているレースなので大胆にいってみましょう。

 

マイネルファンロン
○マイスタイル
▲スズカデヴィアス
△ゴールドギア
△ポポカテペトル

 

これだけ逃げ馬を買いたいと言いながら逃げそうな馬がはっきりとわからない(笑)マイスタイルは逃げそうだし函館の実績あるしでいかにもって感じなんだけど、このオッズで積極的に買いに行くような信頼感もない。そういう意味で面白いのはマイネルファンロンか。斤量54と枠の利を活かして先頭に立ちそうな気がしなくもない。中山の好走経験、ステイゴールド産句という点から高低差や洋芝適性はクリアできそうだし4歳の成長力にも期待したい。最初は時々思わぬ逃げを打つ岩田騎乗のポポカテペトルも面白いと思ったんだけどパワータイプではなさそうなので割引で考えよう。マイネルファンロンを軸にしたことで
対抗に2番人気のマイスタイルも置けるようになった。あとは8歳でも衰えを見せない末脚自慢のスズカデヴィアス。このメンバーなら直線のキレは負けない。早めに仕掛けてマクリ気味になれば頭までありそうな気もする。マクリに期待するとそもそも展開が外れる可能性が高いので頭では買わないけどね。同じく普段は後ろからが多いゴールドギアまで押さえることに。

◎〇頭からの三連単で広くいってみようかな。

〔予想〕〔福島2000〕七夕賞

◎ロードヴァンドール
○ストロングタイタン
ロシュフォール
△ブラックスピネル
△カフェブリッツ

馬場は稍重の発表だけどここまでは前残りの傾向。当初の予測に微調整だけ加えてこれで。マルターズアポジーが速い流れを作って潰れ役になるだろうから先行もできるロードヴァンドールと、ハイペースで2度もレースレコードを出したことのあるストロングタイタンを軸に。差し馬で届きそうなのはロシュフォール。ミッキースワローは斤量が気になるから今回は見送り。頭固定の三連単で。

〔予想〕〔阪神2200〕宝塚記念

リスグラシュー

○スワーヴリチャード

▲キセキ

 

宝塚はリスグラシュー軸に決めていた。もともとG1で活躍していた強い馬だけど成長力が衰えずに強くなり続けてるのが魅力的。対抗はキセキと思っていたけどリスグラシューがくる展開なら同時にきそうなのはスワーヴリチャードか。オッズも低いしもう三連単の2点買いでいーや。

〔予想〕〔東京1600〕安田記念

東京は高速馬場になっているという前提でヴィクトリアマイル、ダービーを予想していたんだけど、いくらなんでも高速具合が異常すぎる。競技視点で言えばアーモンドアイ、ダノンプレミアムのようなヒーローに勝って欲しいところだけど、馬券的にはこの異常馬場を大いにチャンスと捉えて大胆な予想をしていきたいと思う。

予想の大きな軸は2点、超高速馬場、斤量。前者で言えばやっぱり前に行く馬を積極的に狙っていきたい。ヴィクトリアマイルのような超ハイペースさえならなければ普通に前は止まらない。アーモンドアイの末脚はもちろん凄いけどスタミナ豊富な逃げ先行馬という条件が揃っていれば届かないイメージが想像できないほどではない。次に斤量。瞬発力、加速力が問われるマイル戦での斤量58はやっぱり影響が大きいと思う。過去10年の安田記念勝ち馬が全て480kg以上、内5頭は500kgオーバーという数値も斤量の影響があるのではなかろうか。これらを前提として予想を組み立てていきたい。

 

◎ダノンプレミアム

○サングレーザー

ロジクライ

△アエロリット


大胆な予想をすると言いながらも本命は人気馬のダノンプレミアムになってしまった。唯一の負けがダービーの6着。この馬の適性距離としてマイル戦線への移行は間違いではないと思うけど、中距離でも普通にこなせるスタミナは持っている。ダービーの負けは距離適性の問題じゃなくて、そもそも単純に状態が良くなかったと判断。皐月賞回避からのぶっつけだったし。それを証明するように稍重金鯱賞では今正にピークを迎えているリスグラシュー相手に完勝している。適性が更に高そうなマイル戦となると後のマイルCS勝ち馬ステルヴィオには過去2レースで影すら踏ませていないわけで、先行して直線で上がり最速クラスを出す脚質からもマイル戦で負けるイメージはアーモンドアイ以上に見えにくい。

対抗はサングレーザー。この馬に対してバシッと本命を打ちたいのは馬場が重くなったときで、G1でそういうレースをずっと待ってるんだけどなかなか機会が訪れない。能力がピークにある内にいつか…。一方で、高速馬場への適性が低いかと問われればそれは否。マイラーズCでレコード勝ちもしているし昨年の天皇賞秋の時計も立派な高速タイム。ロジクライやアエロリットがハイペースを作ったら後ろから飛んでくるイメージが一番わきやすいのはこの馬。

紐にはロジクライとアエロリット。高速前残りの狙い目としてロジクライを筆頭に考えていたんだけど枠順を見て少しヒヨった。スタートでダノンプレミアムより前に行こうとするとどうしても押していかなければならないだろうし、そうなると直線で残せるだけのスタミナをある程度削られるような気がしたので紐までに。 アエロリットは得意な東京。昨年の同レースでは勝ち馬とタイム差無しの2着実績あり。毎日王冠では後のマイルCSステルヴィオ天皇賞秋、JC、大阪杯など常にトップクラスの安定感をみせたキセキを相手に横綱相撲で完勝。極めつけは前走のヴィクトリアマイル。1000M通過ラップ56.1の驚異的なハイペースからそれでも直線では粘りに粘って5着。同レースで本命を打っていた僕としてはバカ逃げにしか見えなかったけどレコードレースの立役者となって確かな実力を示した。この走りをみせられて安田記念で買いたくなった人は多くいるではなかろうか。もちろん僕も当初は本命候補だったんだけど、前走の劇走が逆に不安要素とも感じられる。あれだけの走りをして1ヶ月足らずで影響はないものなんだろうか。普通に考えたら大いに影響があるだろう。枠順がいいとこひいたので切る勇気はないけど、あまり重い印を打つ気もしなくなってきた。

 アーモンドアイは実績からも現役最強であることを疑う余地はない。ダノンプレミアムさえいなければ単勝1倍台も頷ける。が、ダノンプレミアムとは直接対決していないから実際にどちらが強いのかはまだわからない。一騎打ちならともかく多頭数のレースになれば先行して上がりも速いダノンプレミアムの方が安定して勝ちやすいだろう。海外帰りの影響という不安もあるしすぐ外枠に出脚の速いダノンプレミアム、ロジクライがいることでポジションはどうしても中団以後からになる可能性が高い。馬群に包まれる不安もあるし前が止まらない直線ではアーモンドアイの末脚をもってしても届かないイメージがわいてくる。少なくとも今回1倍台で積極的に買いにいくレースではないと判断。これでも勝ったらもう参りましたとしか。インディチャンプは結構人気しているけど57を背負った経験も無し。馬体重もやや小柄な馬なのでいきなりの58は不安要素たっぷり。ここは切りだ。ステルヴィオもスタミナ不安から切り。1800までなら4-3-1-0と馬券を外したことはなくて、マイルCSを勝ったぐらいだし普通に考えればマイル戦線ではトップクラスの能力。だけど今の超高速馬場で東京1600を走りきるだけのスタミナがあるとは思えない。距離適性を越えた皐月賞、ダービー、大阪杯は4着、8着、14着と適性内の実績とは全く逆の形になっている。スタミナを要する馬場と展開になるという意味ではこの馬の適性と大きく異なるレースになるはずだ。あとは調教時計と枠順からモズアスコットが気にはなっているけど、最強馬アーモンドアイを買い目に入れない判断をしたのだからこの際思い切って印を4頭に絞ろうと思う。

 

割かししっかりした予想ができたので◎○の馬連、◎○頭固定の三連単12点と厚く買ってみるか。

 

〔予想〕〔東京2400〕東京優駿

◎ヴェロックス

○サートゥルナーリア

▲アドマイヤジャスタ

△ランフォザローゼス

△ロジャーバローズ

 

皐月賞の予想次点で過去レースを観て強いと感じていたところに皐月賞の走りで予想以上の強さをみせたのがヴェロックス。直線中盤でサートゥルナーリアにキレの違いを見せられてからの粘りに粘った頭差は見事。ロードヴァンドールといい、キタサンブラックといい、この手の根性走りの馬は僕にとって非常に魅力を感じるタイプ。ただ、主戦騎手の川田が皐月賞の着差について「着差以上に圧倒的な差があった」という趣旨のコメントをしていて、馬の強さではサートゥルナーリアにお手上げ状態を認めているというのは僕の評価と若干の乖離がある。サートゥルナーリアについては、皐月賞でムチが入った瞬間の反応の良さと加速の凄さには驚いたけど、まだ怪物レベルだと信じきれていないので1倍台で軸にしたくはない。これでずっとやられ続けたのがキタサンブラックだったりするんだけど…汗

〔予想〕〔東京2500〕目黒記念

◎パリンジェネシス

○ムイトオブリガード

▲ブラストワンピース

△ソールインパク

 

東京の中距離で3-1-0-0と安定しているムイトオブリガードを中心に考えたいけど、オッズ的にはこの東京巧者と青嵐賞で同着となったパリンジェネシスが魅力的。1000M通過は59.6と平凡ペースながら後半6ハロンは11.8-12.2-12.0-12.0-11.7-11.7-11.9とほぼ息を入れないまま走りきって2.22.9の好タイムで同着。土曜の東京も条件戦の1600で1.32.6、1.32.9が出ている相変わらずの高速馬場みたいだし勝機は十分。今日は2レースとも川田からの馬券で勝負。

〔予想〕〔東京1600〕ヴィクトリアマイル

地力でもコース適性でもアエロリット。東京1600、1800ではトップクラスの牡馬相手でも勝ち負けしている上に、馬場もかなり高速仕様になっているようでもう逆らう余地が見当たらない。唯一怖いのは横山のポツン炸裂くらいかな。アエロリットを軸に考えると馬場状態、枠の利からアマルフィコーストを次点に置きたい。ハナにたって自分でペースを作る展開になれば複勝圏内はなかなか堅いんじゃなかろうか。仮にアエロリットがペースを作る展開になったと想定すると紐には末脚自慢の穴馬を抑えておきたいところ。10番人気のデンコウアンジュ、16番人気のミエノサクシードがうってつけ。

 

◎アエロリット

アマルフィコースト

▲ミエノサクシード

デンコウアンジュ

△レッドオルガ

△ラッキーライラック

 

◎→○▲の馬単、◎頭固定の三連単で広く大きく勝負したい。