読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〔予想〕〔中京2000〕金鯱賞

予想 中京2000

ヤマカツエース
先行して粘り込むのがこの馬のスタイルだと思っていたけど、ここ2走の金鯱賞有馬記念では今までになかった鋭いキレを見せた。地力そのものについても着実に力をつけ続けているのは明白で、有馬記念では現役最強クラスが集うメンバーの中で上がり最速での4着と好走。もはや重賞クラスでは何の違和感もなく一番人気を背負うような馬になったわけだが、それでも世間の評価と僕の評価にはまだ少しギャップがあるように思う。僕が超過大評価をしている感も否めないわけだが…。そんなこんなで今回も迷わずの本命。ここを勝って大阪杯を盛り上げるのはお前だ。頑張れ。

〇ロードヴァンドール
他にめぼしい逃げ馬がいないので本来であればすんなりハナに立って自分のペースで走れるはず。ここまで外枠になってしまったのが残念だけど絶対にハナに立たないとダメという馬でもなければ中京は外枠が不利なコースでもない。小倉大章典ではかなり強い競馬をしたと思っていて、特にあのハイペースの中でハナを取ることなく4着に粘り込んだことは脚質の幅が一気に広がったと評価したい。スロー~多少流れるくらいの幅であればこのメンバーでも十分に勝機がある。1800Mでは0-1-0-3と振るわないが2000Mだと3-2-2-1とかなりキレイな実績。人気が伸びていないここは勝負だ。

サトノノブレス
金鯱賞では3年連続で複勝圏内とめっぽう強い。というか中京2000Mでは1-1-2-0と全て重賞レースにもかかわらず複勝圏100%。近走からも衰えは感じないし内枠に前に行きたがる馬も見当たらないからここも外しにくい。この人気に収まっていることが少し不思議なくらい。

△パドルウィール
前回の金鯱賞ではこの馬を見落としたばかりに馬券を外した。他の予想は完璧だったのに…。

△スズカデヴィアス
この馬までおさえておくことに。馬場は内伸びに偏っているようだし馬券内に入り込む隙は大いにある。

こう見ると逃げ先行馬ばかりを集めた感じだけど、その中で最近は後方からの展開を続けているヤマカツエース軸は多少違和感があるな…。脚質を変えているとの確信もないしある程度好位につけてくれればいいんだけどな。

◎→〇の馬単、頭固定の三連単で大きく勝負するか。


〔予想〕〔中山1800〕中山記念

中山1800 予想

内有利のレースだけど11頭立てならあまり枠は気にしなくていいのかも。過去10年で三番人気以内の馬が8勝と荒れにくい。一方で一番人気の複勝率は40%とやや低めなのも面白い。思った以上にオッズが偏らずに割れているみたいだし一番人気でもオッズと期待度によっては積極的に軸に据えようと思う。

 

◎アンビシャス

ヌーヴォレコルト

ロゴタイプ

△ツクバアズマオー

マイネルミラノ

 

◎アンビシャス

瞬発力勝負なら現役トップクラス。距離適正の幅が狭くて且つ長い脚が使える馬ではないのでG1ではなかなか活躍できずにいるけど直線の短い中山1800ならこの馬に勝てるやつはそうそういない。スタートが心配で軸にしにくいけど最後方集団にさえつけなければ直線一気で勝てる可能性は高い。

 

 〇ヌーヴォレコルト

アンビシャスを軸に据えると相手は脚質が非常に似ているヌーヴォレコルト。予想以上に人気していないのは休み明けと近走実績がピーク過ぎを匂わせているからか。確かに休み明けにはコケている印象もあるが15年の中山記念オールカマーでは休み明けながらもしっかり走っている。近走の実績が芳しくないのは脚質とコース適性が合っていなかったのが要因だと考えるとどうだろう。鞍上の岩田も長かったスランプを抜けてきた感じがあるしここは期待できる。

 

 ▲ロゴタイプ

中山での実績は全て重賞レースで3-3-1-2と安定感は抜群。早熟だと思われた時期もあったけど安田記念の走りで復活を印象づけた。天皇賞秋では最終的に5着に沈んだものの一瞬先頭を脅かすにまで至ったし得意の中山1800なら頭でもおかしくない。休み明けも中山に限って言えばしっかり走っているしさほど心配ないだろう。

 

△ツクバアズマオー

こちらもかなりの中山巧者。これまでに戦ってきた相手よりもワンランクレベルが上がるこのレースでどれだけやれるかが楽しみでもある。1800は少し短い気もするのでこの印に。

 

マイネルミラノ
内伸びの馬場、単騎逃げに期待。

 

 消 リアルスティール
1800実績は3-1-1-0で新馬戦以外は全て重賞以上と、着順・レースグレードどちらからみても安定感抜群。中山も0-2-1-0と苦にしていない。それでも今回はアンビシャス有利と判断。この距離を得意としながらも中山のこの距離では勝ちきれていない点に着目したい。この馬の過去レースを観て感じるのはこの馬がより活きるのは直線の長いコースなんじゃないかということ。スプリングS皐月賞中山記念と能力の高さ故に中山でも十分な実績を残しているけど、一瞬の瞬発力よりも良い脚の持続力を武器にするタイプなのではないか。それを物語るように昨年の中山記念ではアンビシャスに切れ負けした。今回鞍上がかわった上積みを見込んでも紐まで。ここで悩ましいのがアンビシャスを軸としたことによってリアルスティールを紐に入れると馬券的な魅力が限りなくなくなってしまう点。後の印を付けた馬と三連単を組んでも万馬券にすらならない。…という理由で消すことに。来たらゴメンナサイ勝負。

 

消 ネオリアリズム
えらく人気しているが買い要素がまったくわからない。デムーロだから?確かにそれだけでも十分な買い要素にも思えるが、上積みという意味でみるならムーア⇒デムーロはさほどプラスを感じない。迷わず消しで。


〔予想〕〔小倉1800〕小倉大賞典

予想 小倉1800

マルターズアポジー

マイネルハニー

▲ロードヴァンドール

△ストロングタイタン

△ケイティープライド

 

今年に入ってようやく馬券的に面白そうなレースが開催。一番人気はなかなか勝てていないレースだし荒れる前提で予想。

枠順が発表されるまではロードヴァンドールを本命にしたかったんだけど、開幕週の小倉とあって流石に大外枠を本命にするわけにもいかないな。

 

過去10年の馬番毎の実績をみると1-5番(5-8-2-30)、6-10番(3-0-3-38)、11-14番(0-1-4-30)、15-18番(1-0-0-17)と完全に内枠有利。7番までの勝率11.1%に対して8番以降の勝率は2.5%とお話にならない。今年の応援したい馬個人的ランキング2位のロードヴァンドールは大外とは言え出足は良いので紐に入れておくか。

 

本命はマルターズアポジー。能力的にはマイネルハニーの方がやや強いような気もするけど、条件が整えばある程度の実力差はひっくり返るのが競馬。タフな馬場での持続性はマイネルハニーが上だけど、高速馬場への適正はこちらが有利と見た。小倉で走った経験はないけど実績がリンクしそうな福島では3-0-1-0と安定していて重賞勝ちも含まれている。

ある程度好位につけるスタイルの馬であれば差し馬も十分に届くようだ。ただし、いくらキレがあっても直線に入った瞬間も後方にいるような追込み馬は今回は除外することに。ずっと下り坂の小倉で良馬場で開幕週という条件では基本的に直線に入った時点で前にいる馬じゃないと買いたくならない。そうするとフルーキーが気になる存在なんだけど、前走チャレンジCは好走したように言われる反面、そもそも阪神では基本的に複勝圏を外さない実力者。あれだけ内を突いて複勝圏に入れなかったところは厳しく評価したい。ひょっとして衰え始めているのでは?という考えから切ることに。

 

◎→〇の馬連、◎固定の三連単あたりで大きく勝負したい。

〔予想〕〔京都2200〕京都記念

予想 京都2200

サトノクラウン

○ミッキーロケット

ガリバルディ

マカヒキ

 

道悪でどう走るのか未知数のマカヒキを1倍台で買う気になれない。それよりも道悪に強くて寒さも平気なサトノクラウン、京都・阪神で堅実に走っているミッキーロケットの方が魅力的。鞍上の差でサトノクラウン有利と判断したのでこっちのオッズが少しだけ高いのはラッキーだった。この二頭だけだと馬券的に何も面白くないので、なんとか3着に入ってきそうな馬を探すことに。ガリバルディはマイルと1800以上ではっきりと実績が分かれていて、1800以上で後方から展開したレースはどれも堅実に走っている。

マカヒキが来たらゴメンナサイの気持ちで一、二着固定の三連単二点で勝負。

〔予想〕〔東京1600〕東京新聞杯

予想 東京1600

ヤングマンパワー

エアスピネル

▲ブラックスピネル

 

久しぶりに楽しみなレースだったんだけど残念な小頭数になってしまって馬券的には面白さがない。マイル転向したエアスピネルにこんなとこで負けて欲しくはないが今年に入って一番人気ばかり買っているのにも抵抗がある。エアスピネルに勝っていいのは好きなヤングマンパワーだけということで…。

〔予想〕〔中山2000〕中山金杯

予想 中山2000

◎ツクバアズマオー
マイネルフロスト
▲シャイニープリンス

単純に実績を比較するとツクバアズマオーが頭一つ抜けている。少頭数の一番人気にはすごく抵抗あるけど逆らいにくい。マイネルフロストは中山の1800-2200距離で0-1-0-6と見栄えしない実績なんだが勝負にならずに大敗しているケースは少ない。このメンバーだったら食い込んでくる可能性は大いにある。

2017年の金杯は中山、京都共に一番人気を軸にすることになってしまった。これまでと少し変化を付けた買い方ということである意味ちょっと冒険してみようと思う。

〔予想〕〔京都1600〕京都金杯

予想 京都1600

エアスピネル

○ダイシンサンダー

ブラックムーン

△ケントオー

△ブラックスピネル

マイネルハニー

 

過去10年で勝率30%、複勝率40%ととにかく逃げが決まりやすいレース。逃げが決まらなかったにしても最初のコーナーに差し掛かる時点で先頭に近い位置にいるほど勝率、複勝率が高くなる傾向が顕著にある。“前が有利、内が有利”これだけを基準に、普段ならちょっと足りないかなと思うような馬でも積極的に狙っていきたい。

 

エアスピネル

出足が遅れて後方からのレースになった神戸新聞杯以外は当世代の4強以外には負けていないし、いつものレースをすれば世代トップクラスであることは間違いない。この世代が古馬にも通用するというのは実証済なのでここは逆らわないことに。脚質や気性でも自分の実力を出し切るという意味での安定感は高いと思う。仕方がないのでヒモ穴を狙うか。

 

○ダイシンサンダー

安定して好位置を取れるタイプ。マイルに限定すればオープン、準オープンで好走実績もあるしこのオッズなら積極的に狙っていきたい。母数は少ないが京都1600限定ならば1-1-1-0と複勝圏を外していない。

 

△以下のヒモはなかなか予想が難しい。もう少し内枠ならマイネルハニーを対抗に置きたかったんだが…。◎で頭を固定してヒモを少し手広く勝負したい。