〔予想〕〔東京2400〕オークス

◎デアリングタクト

○ウインマリリン

▲スマイルカナ

△マルターズディオサ

 

先週まで東京の馬場状態は前が止まらなかったけど、土曜のレースを見る限りその傾向はかなり薄れているようだ。とはいえやはり多頭数のレースで後ろからの人気馬は、思うような展開にならないリスクを考えると積極的に買いにくい。今年の桜花賞はタフなレース展開だったし上位陣は今後も活躍してくれそうな期待を感じた。ここは桜花賞組を中心に組み立てたい。

本命はデアリングタクト。前の馬ばかりが好走した桜花賞にあってあの差し切りは凄かった。多少先行馬有利の展開になったとしてもまとめて抜き去りそうなイメージはある。思ったよりもオッズがつきそうだし逆らわずに軸にしてみよう。そうなると紐には出来るだけ人気馬を避けたい。デゼルは32秒台の上がりが衝撃的で人気しているけど、スイートピーSはスローペースからのヨーイドンだった。瞬発力は証明できたが持続力を問われる東京2400ではどうだろうか。出遅れリスクと最内枠の抱き合わせになった不安があるここは消し。それよりも妙味があるのは先行陣か。過去逃げ馬はなかなか馬券に絡んでいないレースではあるがスマイルカナの能力はかなり高いし、3番手あたりの楽な位置でレースを進められそうなウインマリリンも気になる。先行か中団か読みにくいマルターズディオサまで抑えて◎頭固定の三連単で。

なんだか予想よりも希望的志向が強い組み立てになってしまった。まあこんな買い方も競馬の楽しみ方ということで良いじゃないか。

〔予想〕〔東京1600〕ヴィクトリアマイル

◎ノームコア

サウンドキアラ

▲アーモンドアイ

△プリモシーン

△シャドウディーヴァ

コントラチェック

 

先週の傾向はまだ残っていて前の馬が残るような馬場状態。でも先週ほど極端ではない様子。セラピアコントラチェックが速い流れを作ったら差し馬が一気に有利になりそうな気配だ。予想の軸はやっぱりアーモンドアイの取捨について。近年の最強馬クラスであることは間違いないものの、その能力を今も保っているのだろうかというところは疑っていきたい。有馬記念リスグラシューの強さ以前に、アーモンドアイの沈み方は不可解だった。あれからドバイに向けて調整したにも関わらず、社会情勢からレースは中止。移動のダメージと調整遅れのハンデだけを背負った状態でこのレースに臨んでいるのではないだろうか。かつての最強馬キタサンブラックに逆らって泣かされ続けた記憶が頭をよぎるが、単勝1倍台で信用するには不安材料が大きい気がしてならない。

そうなると次に考えたいのは、このレースは過去好走馬のリピーターが多いという点。アエロリット、ジュールポレールスマートレイアーストレイトガールヴィルシーナホエールキャプチャ、近年の同レースだけでも2回掲示板に載ったリピーターがこんなに存在する。ノームコアとプリモシーンはおさえておいた方がいいだろう。G1では積極的に買いにくい横山だが、東京1600ならばNHKマイルCのアエロリット、クラリティスカイヴィクトリアマイルホエールキャプチャブエナビスタ安田記念ブラックホークと勝ちが目立つ。本命をノームコアに設定。対抗はG1での活躍が目立ち始めた松山騎乗のサウンドキアラ、紐にも差し馬中心でプリモシーン、シャドウディーヴァ、セラピアと一緒にノーマーク逃げをしたら残る可能性があるのは逃げたら無敗のコントラチェックだろう。

◎頭固定の三連単で。

〔予想〕〔東京1600〕NHKマイルカップ

◎レシステンシア

○ハーモニーマゼラン

▲プリンスリターン

△ラインベック

△タイセイビジョン

 

昨日の東京は芝全5レースが全て逃げ先行馬の勝ち。映像で観ても前の馬がとにかく止まらないのがよく分かったし今日もこの傾向は変わらないだろう。レシステンシアは遅いペースになるくらいならハナに立って自分でペースを作りそうな気がする。積極的に前残りの穴馬を狙っていきたい。レシステンシアと同じダイワメジャー産駒のハーモニーマゼランなんてどうだろうか。騎手もG1勝ちの経験はあるし速いペースでの好走実績もある。位置取り次第で後ろからでも届きそうなのはタイセイビジョン。大外を回される可能性が高いサトノインプレッサより信用できる。

◎→○馬単、◎頭固定の三連単で。

〔予想〕〔京都3200〕天皇賞春

◎フィエールマン

〇ミッキースワロー

▲モズベッロ

△エタリオウ

 

本命はフィエールマン。G1で勝ち負けできるイメージが出走馬中この馬しか思い浮かばない。5歳以降のディープ産駒にはなんとなくいいイメージがなくて本命にするのをためらったけど5歳でも春のこの時期なら古馬G1で勝った例はいくつか見られた。春天自体キタサンブラックシュヴァルグランのような強いスターホースだけじゃなくて、カレンミロティックフェイムゲームみたいにリピーターが好走する例が目立っているし、無理に逆らわずにいい気がしてきた。地力はキセキも凄いものをもっていたけどもうピークを過ぎてかつての迫力はなくなってしまった印象。このオッズで買うのはうまみよりもリスクとしての側面が強い。基本的に差し馬が有利なレースと判断して相手にはミッキースワローとモズベッロ。ノーマークで逃げそうな馬も抑えておきたかったけど逃げそうな馬がまるでわからない...。逃げる可能性も否定できず、少なくとも先頭集団にいるであろうエタリオウを選択。

◎頭固定の三連単で。

〔予想〕〔中山2000〕皐月賞

◎サリオス
〇コルテジア
▲コントレイル

 

コントレイル、サトノフラッグ、サリオス3強の過去レース動画を観て、一番強いと感じたのはコントレイル。ホープフルSでは先行して上がり最速、騎手は手綱を持ったまま完勝。東京スポーツ杯では圧勝とまだまだ底を見せていない状態でクラシックを迎える姿は16年のサトノダイヤモンドと重なる。でも当時「横綱」とされたサトノダイヤモンド皐月賞もダービーも負けたし、どんなに強くてもその時の馬場やレース展開に恵まれなければ普通に負けるのが競馬。トップスピードに至るまでの瞬発力が凄いから中山適正は高いと思うんだけど昨日の不良馬場からの今日も重馬場とされている中で実力を存分に発揮しきれるのかは疑問符が付く。
サトノフラッグは逆に加速力よりもスタミナに目がいった。持続力のある長い脚が武器だという印象で道悪適正は高そう。ただ、レースを観ていると気性、操作性があまりよろしくないように思う。タフなレース展開となった場合、如何に無駄な力を使わないかという操作性は勝ち負けに大きく影響する。その点で信頼度は割引。
サリオスが完勝した朝日杯は相当にタフなレースだった。淀みないペースで先行し続けながら上りタイムは後ろから指してきた2着馬タイセイビジョンと0.1秒差。最後の50Mくらいは差し馬との差が縮まっていなかった。タイセイビジョンは昨日のアーリントンカップでも完勝しているし今日の馬場を考えるとコントレイルよりもサリオスの方に信頼を置きたい。

そして穴馬として狙いたいのが12番人気になっているコルテジア。昨日の中山は芝の4レース中3レースで逃げ馬が勝っている。しかも2勝は普段なかなか逃げが決まりにくい2000Mだ。今日の馬場映像を見る限り昨日よりは大きく回復している様子だけど、極端な前残り傾向は続いていると見た。サリオスもコントレイルも先行馬なのでさすがに◎を打つ勇気はなかったが馬券購入はむしろコルテジアを軸に考えたい。


◎→〇、〇→▲の馬連、◎→〇▲の三連単で勝負。馬券の買い方と印に若干の矛盾があるけど馬連◎→〇はオッズが低すぎて妙味がないので来てハズレても諦めがつくという精神面からこれで良しとしたい。

〔予想〕〔阪神1600〕桜花賞

◎クラヴァシュドール

○マルターズディオサ

▲サンクテュエール

△マジックキャッスル

 

かなりレベルの高そうな桜花賞になった気がします。三連単で検討したけど頭までありそうな馬が多すぎてちょっと絞れない。三連単だと点数多い割にオッズがおいしくないのでいっそのこと馬単に絞ってみよう。3点は少し多いかな、、、。

本命はクラヴァシュドール。雨前提で予想したらレシステンシアが必ずしも本領を出せるとはかぎらない。ハーツクライ産駒の道悪適正とスタミナ、そして今週もデムーロに期待してみよう。元々勝ち始めたら固め打ちする騎手だし個人的に相性も良い。レシステンシアとスマイルカナあたりが速いペースを作る想定で3番手から5番手につけそうな先行馬を抑えたい。

〔予想〕〔阪神1600〕阪神牝馬S

◎ダノンファンタジー

アマルフィコースト

▲シゲルピンクダイヤ

△シャドウディーヴァ

 

当初シャドウディーヴァ本命で考えていたんだけどかなりの前残り傾向なので割引き。かわりにアマルフィコーストの序列を上に持ってきてみた。◎→○▲の馬単、◎頭固定の三連単で。