読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〔予想〕〔東京1600〕ヴィクトリアマイル

スマートレイアー
条件さえ整えばミッキークイーンとは逆転可能な力関係だと思う。
逃げそうな馬もいないし自分で展開を作りながらの前残りに期待。

ミッキークイーン
着外になったのは牡馬混合の有馬記念5着とジャパンカップ8着のみ。牝馬限定戦だと4-4-1-0で隙が無い。人気しているけど逆らえない。それでも1番人気の勝率が高いレースではないし絶対にひっくり返せないほどの圧倒的な存在とも思えないので軸には逆らってみる。

▲ジュールポレール
阪神牝馬Sは粘り強い内容だった。馬場も味方してくれそうだしこの枠なら期待したい。

ルージュバック
金鯱賞はどん詰まりで負けたけど手応えをみると無視できない。1600実績は桜花賞9着、ヴィクトリアマイルで5着だけど1800になると重賞3勝を含む4-1-0-0と強い。短距離の速いペースについていけないのだとしたら、スローペースになりそうな今回は条件が整ったのかも。

レッツゴードンキ
差しに戻して安定感が増したし本格化している気配もある。馬場が荒れても問題ないのも強み。

クイーンズリング
春~夏、秋~冬で実績の安定感が大きく変化してる。今回は切り。

頭固定の三連単で。

〔予想〕〔新潟2000〕新潟大賞典

◎サンデーウィザード

○ロンギングダンサー

▲パリカラノテガミ

△シャイニープリンス

 

帰省中で携帯しか使えないのでなかなか予想しにくい。かなり勘頼りに新潟適正だけで予想。基本的には過去の新潟実績から。

〔予想〕〔京都3200〕天皇賞春

<レース傾向 ※過去10年>
馬番
1-5  10.0% 16.0% 22.0%(5-3-3-39)
6-10   6.0%  8.0% 12.0%(3-1-2-44)
11-14   4.1% 10.2% 20.4%(2-3-5-39) 
15-18    0% 12.1% 12.1% (0-4-0-29)

脚質
逃げ 16.7% 16.7% 16.7%(2-0-0-10)
先行  8.3% 25.0% 38.9%(3-6-5-22)
中団  5.2% 10.4% 16.9%(4-4-5-64)
後方    0%    0%    0%(0-0-0-45)

人気
過去10年で一番人気は連対0%、3着1頭のみ。単勝一倍台が3頭も馬券外になっている。一方で二番人気は勝率50%、連対率60%、複勝率70%と信頼度が高い。


騎手
蛯名、武豊

前走
大阪杯日経賞阪神大賞典京都記念

二強対決がすごく盛り上がっているけど枠順が対照的となった。8枠でも連対率はそこそこあるけど勝ちを狙うにはなかなか厳しいんじゃなかろうか。土曜日の京都はかなり内伸びだったのもあって当初本命予定だったサトノダイヤモンドを予想から外すことに。逆に外す予定だったキタサンブラックを買い目に追加。

シュヴァルグラン
条件と展開次第で二強との差をひっくり返せる可能性が一番高いのはこの馬。3000以上で1-1-1-0のスタミナがあって京都適性も高い。枠順も良い所をひいた。福永を軸にすることにはかなり抵抗があるんだけど、前走阪神大賞典は勝ちを狙った騎乗だったし今回もキタサンブラックというマークの対象がいるから比較的乗りやすいんじゃないかと思う。武豊よりも早めに仕掛ける強気の騎乗をしてくれ。

〇シャケトラ
二強に割って入る可能性を秘めているということで対抗に。今回は一枠に入った馬は買おうと思っていたんだけどそこに強い馬が入ったと思う。できればもっと穴馬に一枠を取って欲しかった。

アドマイヤデウス
天皇賞春は15年15着、16年9着と惨敗しているけど京都実績は1-2-3-2と天皇賞以外は全て複勝圏内。そもそもG1以外の重賞実績は2-1-3-0とかなり安定しているんだけど、それがG1になるとなぜか9戦全て掲示板外。この馬にとってのG1の壁が何なのかは正直よくわからないんだけど決して能力が低いわけではないのは事実で、能力をきちんと出すことができればG1でも活躍できるポテンシャルはもっている。長かったスランプを脱した岩田なら先行しつつ強烈なイン突きをしてくれないだろうか。オッズ的な旨みは持っているので「もしかしたら」に期待。

キタサンブラック
土曜日の内伸びを見るまでは買い目から外すことを考えていたけど枠も枠だし意地になって外しても後悔させられそう。この馬の強さにはなかなか憧れに似た感情を抱くんだけど、馬券的な目線で見るなら個人的にこの馬は既に買い時を逃がし続けてしまっている。そうなると逆転の発想で、この馬が人気している内は意地でも印を低くし続けようと思う。引退まで勝ち続ける馬なんてほんとにレジェンドになるようなひと握りで、高確率でいつかは負けてくれるはず。その「いつか」はこの天皇賞春なんじゃないか。去年はカレンミロティックに一度はかわされながらも差し返しての勝利。その勝負根性が評価を上げる強烈な印象にもなったんだけど一度差されたんだ。あれから更に強くなっているとは言え、この舞台で言えば絶対に負けないほど圧倒的な差があるわけじゃない。保険的な意味合いで△を付けたけどできれば飛んでくれ 笑

△ラブラドライド
一枠に入った馬は買おうと思っていたんです。前でレースする馬なら尚の事。ここまで押さえておきたい。

◎〇の馬連1点、◎〇の1,2着→▲2,3着→△3着の三連単12点で。

〔予想〕〔京都1600〕マイラーズC

<レース傾向 ※2014年以降の同コースOP以上>
馬番
1-5  5.2% 14.8% 23.7%(7-13-12-103)
6-10  6.8% 14.3% 21.1%(9-9-10-105)
11-14 10.0% 16.3% 21.3%(8-5-4-63) 
15-18 6.5%  6.5%  8.7% (3-0-1-42)

脚質
逃げ 22.2% 37.0% 40.7%(6-4-1-16)
先行 10.6% 16.0% 27.7%(10-5-11-68)
中団  3.8% 12.0% 19.6%(6-13-12-127)
後方  4.3%  8.7% 11.3%(5-5-3-102)

エアスピネル
もっと人気するかと思ったのでこのオッズなら一番人気でも買っていいかな。結構好きな馬だし。逃げ先行有利の京都開幕週で実力のある先行馬だからなかなか逆らいにくいね。

ヤングマンパワー
逃げそうな馬がいないから結果的に逃げるような形にならないだろうか。京都での実績はないけど、かと言って東京が合っているかというとそうにも見えない。マイルCSの敗因は調整ミスだろうし前が止まりにくい開幕週京都で一波立ててくれないかな。

▲プロディガルサン
2000までの距離なら2-2-0-1と好成績。唯一の着外になった金鯱賞を決して悪い内容じゃなかった。このメンバーでも上がり最速クラスの末脚をもっているので後ろから届きそうな馬ということで。京都の複勝率が高い川田にも期待。

フィエロ
15年まで複勝率100%を誇っていた京都1600で16年は2度の着外、17年の金杯は展開がハマっての3着。一見すると年齢的な衰えが少し心配にもなるところだけど金杯のタイムは速かったし少頭数ならば詰まる心配も少ない。実力を十分に発揮して着内はあり得ると判断。それでも京都開幕週で軸にできる脚質ではないので紐までに。

ヤングマンパワー応援馬券も買いたいので普段あまりしない頭固定を2パターンに。
◎〇頭からの三連単12点で。重賞でデム・ルメを外したことを後悔する買い方になるのかな...。

〔予想〕〔中山2000〕皐月賞


〔予想〕〔中山2000〕皐月賞


<レース傾向 ※過去10年>
馬番
1-5 複勝率18%(2-5-2-41) 6-10 複勝率14%(2-2-3-43) 11-14 複勝率17.5% (3-1-3-33) 15-18 18.9%(3-2-2-30)

脚質
逃げ(2-0-1-9) 先行(1-4-2-27) 中団(7-3-6-67) 後方(0-3-1-44)

人気
一番人気は勝率20%、連対率40%、複勝率60%と低め。四番人気あたりまでの実績は大差ない。

騎手
岩田、デムーロ、川田

前走
共同通信杯 4-0-2-4 単回値477 複回値186 ⇒ スワーヴリチャード
若葉S    1-3-1-18 単回値75 複回値129 ⇒ アダムバローズ


◎サトノアレス
えらい人気落としてる気がするのは気のせいかな。確かにここ2走はかなり後ろからの競馬になっているけど朝日杯は大外枠だったし、スプリングSは出遅れ気味のスタートだった。それでも上がり最速で4着まではもってきているし、今回は外枠が不利なレースでもない。うまいこと中団少し後ろくらいに位置取ることさえできればここは叩き良化に期待してもいいかも。

〇ファンディーナ
かなり余裕のある勝ち方をしてきている。先行しながらも上がり最速を繰り出し、ゴール時にはまだ余裕がある。不安要素は中山は差しが決まりやすいということ。

ペルシアンナイト
マイルしか走っていないけど余裕を持って勝ってきているし距離が伸びたことはプラスに働きそう。G1のデム様にも期待。

△スワーヴリチャード
共同通信杯組は逆らいづらいし差しが決まりやすいとあって当初はスワーブリチャードを本命にしようと考えていたんだけど、どうも仕掛けに対してすぐに反応するタイプでもなさそう。東京ならともかく中山だと届く前にゴールが来ちゃいそうな気がする。

△アダムバローズ
若葉S組の実績が良いレースだしG1の池添。ここまで入れておきたい。

◎の頭固定三連単で。

〔予想〕〔阪神2000〕大阪杯

<レース傾向>
馬番
1-5番 複勝率18.0%(3-2-4-41) 6-10番 複勝率33.3%(5-6-5-32) 11-14番 複勝率22.7%(2-2-1-17)

脚質
逃げ(1-2-1-6) 先行(3-4-4-27) 中団(3-2-4-34) 後方(3-2-1-23)

オッズ
一番人気の勝率40.0%、連対率70.0%、複勝率90.0%、回収率も複勝で104%と絶対に馬券からは外せない。二番人気が勝率20%、複勝率50%、六番人気が勝率20%、複勝率40%と同等の実績。六番人気までは軸にすることも可能。

騎手
浜中、池添

個人的には競馬を始めてからの二年間で最高のドリームレース。現役最強のキタサンブラックに好きな馬達が挑む形となった。今回はかなり感情論が入っているので予想としての精度はあまりアテにならないかもしれない 笑(もちろん僕としては超真面目に分析・予想をしたわけだが…。)
予想する際の大きな優先順位として普段は①馬券妙味(回収期待値)②勝率(強さ・条件適合)③好きな馬(追っかけ馬)から考えているんだけど、今回は特に③が占める部分が大きい。カテゴリ分けをしてみると…

マルターズアポジー、ロードヴァアンドールステファノス、スズカデヴィアス、ヤマカツエース

キタサンブラックマカヒキヤマカツエースマルターズアポジー
ヤマカツエース、ロードヴァンドール、アンビシャス

てなわけで①②③全てに属したヤマカツエースが本命。馬券妙味の薄い人気の上位馬に対して、何かしら隙を見つけては選択から切っていきたいところなんだけど、今回の上位人気馬はなかなかに切り要素が見当たらない。かと言って上位人気馬ばかりを選択しした馬券なんて何も面白くないし…ここは一周回って好きな馬ばかり買ってみよう!との結論に至る。

ヤマカツエース
この馬が出るレースは問答無用で本命にする所存。追っかけを始めた当初は大した切れ味もない差し馬だったんだけど、粘り強い先行力を身につけながら実績を伸ばしてきた。最近では上がり最速クラスの切れ味をひっさげてまた差し傾向に。ある程度ペースが流れても、ある程度スローになっても対応できる柔軟性が最大の武器。今回はマルターズアポジーやロードヴァンドールがキタサンブラックが作ろうとするスロー展開を破壊してくれるんじゃないかと思っている。そうなれば、中団前目から新しい武器を身につけたヤマカツエースが飛んでくる可能性は高い。阪神実績は0-0-0-4と一見頼りないが脚質自体は阪神が合っていないようには見えないし、本格化してきた今ならこのメンバーでも頭まで十分狙える。G1に強く大阪杯でも実績のある池添にも期待したい。

マルターズアポジー
小倉大章典の走りで惚れた。最近ではあまり見なくなってきたハイペースで逃げる姿はカッコ良かったし、デビューから19戦全てハナに立って逃げているのも美しい 笑
前走はハイペースについて行けずにことごとく前の馬が潰れていく中で鮮やかな逃げ切り。驚異の強さを見せた。実力馬達がキタサンブラックだけを意識して単騎逃げする展開になれば逃げ切りもありえる。

キタサンブラック
強い。馬券を外すイメージが全くわかない。スタミナのある逃げ馬で末脚も速くて勝負根性強くて操作性も良いとかどうやったら勝てるんだ?去年はアンビシャスに遅れをとったけど斤量差があったしあの時より明らかに強くなっている。これぞG1というメンバー揃った今回でも負ける姿がなかなかイメージできない。過去10年の一番人気実績が4-3-2-1と連対7割、複勝9割というのもあって選択に入れざるを得ない。G1連戦が予想されるローテーションの初戦という割引を考えてもこの印に。

△ロードヴァンドール
小倉大章典、金鯱賞の走りからもかなりの実力をもっていると思うんです。まだ重賞は未勝利だけど重賞クラスの実力は既にある。流石に正真正銘G1級のこのメンバーでは、馬券妙味、好きな馬の下駄を履かせてもこの印まで。勝負根性に期待。

△アンビシャス
ずっと追っかけてきた馬なんだけど成長が止まった感があるな。型にはまった時の切れ味はトップクラスなんだけど、それを見せる機会があまりにも少ない。今回はペースが流れそうなので今回まで期待してみたい。

ヤマカツエース
マルターズアポジー
キタサンブラック
△ロードヴァンドール
△アンビシャス

今年の四半期を終えて少し予算が余っているのでこのドリームレースは普段しない大掛けをしようと思う。いつもの◎頭固定の三連単12点に加えて、◎→〇と◎→▲の馬連2点、◎〇▲の三連複1点で。

〔予想〕〔中京1200〕高松宮記念

◎セイウンコウセイ

レッドファルクス

フィエロ

△メラグラーナ

 

レッドファルクスデムーロが乗って3倍後半なら1番人気軸でもいいかなーと思いつつ、それでもなんとなく抵抗してみたい。三連単6点で。