〔予想〕〔小倉1800〕小倉大賞典

◎レトロロック
○タニノフランケル
▲マウントゴールド
△スティッフェリオ

過去傾向から①5歳、または7歳馬の回収率が高い。②1番人気と6番人気の成績が同等。ということは回収率は大幅に6番人気が上。③このコースに超強いディープ産句。④内枠有利かつ逃げ先行馬有利。んでもって1800の非根幹距離で実績のある馬...。ほぼ100点でレトロロックになってしまった。こんなにも条件が揃った馬がちゃんとその通りになるのかと聞かれると不安になるけどたまにはこんな思考停止の買い方もありかもしれない。紐にはこのレースで無類に強い川田が乗るタニノフランケル。夏馬っぽいマウントゴールドは少々割引の印に。んでスティッフェリオまでおさえましょうかね。ナイトオブナイツもかなり気になるけど5頭に広げるより4頭で予算倍の方が面白いかもしれない。

◎頭固定の三連単で。

〔予想〕〔京都2400〕日経新春杯

やたら時計がかかっている京都の馬場。上がりが遅い展開になったときに前の馬はどこまで残れるんだろう。後ろから突っ込んできそうな馬も入れておきたい。買いたい馬がやたら外枠寄りに固まったけど少なくとも土曜日の京都は外枠が好走しまくっている馬場状態。このまま続けという願いも込めて外枠ばっかりでいいや。

 

◎ロードヴァンドール
○ムイトオブリガード
▲メイショウテッコン
△ウインテンダネス
△ルックトゥワイス
△ノーブルマー


本命はロードヴァンドール。京都実績は昨年の同レース2着も含めて3-2-1-2と安定。G1以外でそんなに大崩れすることはない馬で前走のチャレンジC大敗はスタート直後から横山がレースを止めてしまっただけだから除外できる。外枠を嫌われたのかやたらオッズがついているけどこの馬の武器は直線で持続力のある長い脚を使えるところ。上がりの遅い馬場での粘り勝負なら望む所だ。更に昨日の京都は外枠がかなり健闘しているから今の馬場状態なら頭まである。前走のような騎乗した本当に怒るぞ横山。

対抗はムイトオブリガード。2400は3-0-0-0でパーフェクト。格のある相手が不在だったとは言え距離適性は安心できる。京都に強い川田にも期待。脚質から枠もさほど不利に働かないだろう。川田が大外を回して突っ込んでくるイメージが怖い。

逃げ先行馬の中で地力上位のメイショウテッコンも買いたい。逃げ馬に乗った時の武豊は怖いし頭まであると思うんだけど軸を3頭まで増やすと買い目が多くなりすぎるので泣く泣くこの印に。紐には京都イン突きが怖い岩田騎乗のルックトゥワイス、稍重宝塚記念3着があるノーブルマーズ、そのノーブルマーズに勝ったことがあって恐らく地力ならノーブルマーズ以上のウインテンダネスまで押さえたい。頑張って6頭まで絞ったけどこれ以上は絞りたくない。△の馬のオッズがどれも魅力的で...。多少買い目が多くなるけど明日の京成杯は十分な予想の時間が取れそうにないしその予算を今日遣おうかな。予算次第だけど◎○の馬連、◎頭固定の三連単を買いたいところ。

〔予想〕〔京都1600〕京都金杯

◎アドマイヤアルバ

○パクスアメリカーナ

グァンチャーレ

△カツジ

△サラキア

 

もちろんこっちの金杯も買いますよ。本命はアドマイヤアルバ。京都と言えばイン突き、イン突きと言えば岩田。んで、その岩田が末脚自慢のアドマイヤアルバに乗って枠順も恵まれた。人気するだろうなーと思ったらそうでもない。これは行くしかないでしょう。対抗にはパクスアメリカーナ。確かに素質馬で長期休養明けにいきなり勝ってみたり...と期待感はかなりあるけどこのオッズはいかがなものだろう。ちょっと軸にはできない、かと言って切れるほどの確信もない。軸馬の人気がないぶんこのオッズの馬も入れていいかなって気にさせてくれる。紐には実績十分で近走も勢いのあるグァンチャーレ、強い明け4歳世代のカツジ、サラキアで。

〔予想〕〔中山2000〕中山金杯

さ。明けましておめでとうございますの中山金杯。一年の計は金杯にあり。実はこのレースは相性が良くて過去3年の軸馬は1着、1着、2着になっている。でも馬券はとれていないので今年こそきっちりモノにしたいところです。

まずは過去傾向から。過去10年中9回は1~6番までが9回、複勝圏内でみても全レース12番以内までしかきていない圧倒的に内枠有利。外枠の馬はかなり割引して考えてよさそう。脚質も中山のイメージ通り先行6勝、差し4勝。追込み馬の3着以内はありそうだけど軸馬は4コーナー時点で4番手以内に位置づけていそうな馬を選択していこう。

 

◎コズミックフォース
○ウインブライト
▲エアアンセム
△タニノフランケル
△マウントゴールド

 

本命はコズミックフォース。明けの4歳馬で中山実績は2走だけと目立ちにくいけど中山適性あるんじゃなかろうか。京成杯はやや出遅れながらの2着。勝ち馬が強い4歳世代の中でも強いジェネラーネウーノということを考えると評価できる。ダービーで3着に入ってベスト距離がよくわからないことになっているけど2-1-1-0の実績とジェネラーレウーノとの着差からは2000がベスト距離ではなかろうか。ダービーだってトップの持続力があとちょっとあれば勝ちまであり得た走りだった。対抗以下はやや無難に選択。中山実績が3-2-0-1のウインブライトは枠と斤量から割引は必要だけど切るには危険。エアアンセムにもまだ衰えは見えないしマウントゴールドは勢いがある。タニノフランケルは逃げたレースは3-0-0-1とかなり安定しているので距離と枠を考えたら入れておきたい。ステイフーリッシュは強いと思うんだけど今回は枠に恵まれなかったと判断して切り。できるだけ人気を吸ってくれ。

〔振返り〕2018年

<2018年>
・回収率 33%
・購入 76,800
・払戻 25,600
・収支 ▲51,200
・的中 1R(頭的中12R)

<累計>
・回収率 176%
・購入 229,000
・払戻 402,960
・収支 173,960

収支的には完全にマイナス。前半戦と後半戦で明らかに調子が変わってしまった。基本的に三連単で大きな馬券を狙っていくスタンスなんで頭の的中が何回あるか、人気馬じゃない頭を何回当てられたかという点は重要視しているところ。今年は5月終了までに9回的中していて明らかに去年を上回るペースだった。でも1年が終わってみれば12回。6月以降は頭を的中させることすら3回しかできなかったのか...。

3-5月は機会をモノにできなかったというか流れを失った感がすごくある。この期間は8Rで頭が的中。8番人気ジュールポレールヴィクトリアマイル、7番人気エポカドーロの皐月賞と人気馬ではない馬券も良い感じに混ざっていて単勝回収率は900%をマークした。(単勝は買ってないけどね...)皐月賞新潟大賞典と短期間に3,4着のアタマ差、クビ差で大きな馬券を二度も逃がしたのは非常に悔やまれる。この時期に「あ。なんか勝ち運逃がしている気がする」と思ったことを鮮明に覚えている。その後の半年間は軸馬がことごとく外れて特に惜しい馬券もなく単勝回収率は56%と低迷。5月の嫌な予感がまんま現実になってしまったのが2018年の印象。やっぱりスポーツでもそうなんだけど獲れるところでしっかり獲っておかないと機会はそう何度も訪れないということですね。

予想の上では2018年は新たなバイアスと取り入れるということはあまりしなかった。対戦成績からの力関係、コースの特徴、動画を観て強い負け方をした馬なんかを優先度高くもってくる感じ。わずかなズレによって大きな馬券を二度逃がしたけど、もし何かの違いによっていずれかを獲れていたとしたら今年の収支は大きく異なる結果となったはず。そう考えると今の買い方、予想の方向性は大きく舵を切る必要はないのかな...と思っています。2019年は大きな馬券があたりますように。

〔予想〕〔中山2000〕ホープフルS

2歳馬は過去実績や強み弱みが見えにくいので動画鑑賞から判断。

 

◎ヴァンドギャルド
○ミッキーブラック
▲ジャストアジゴ
△キングリスティア
△サートゥルナーリア
△コスモカレンドゥラ

 

 ニシノデイジー、ブレイキングドーン、アドマイヤジャスタはかなり高い確率で
出遅れているのでスタートに不安がありすぎる。人気を考えれば消し。ヴァンドギャルドは持ち時計が良くて末脚も安定している。中山に向いているのではないか。ミッキーブラックは前走こそ出遅れたもののそれ以前の2戦は出遅れ無し。マクって勝ったレースもあったしこの中では自力上位に見える。人気的にはおいしいと判断。ジャストアジゴロは新馬戦の上がり3F32.7秒が魅力的。次戦も上がり1位の末脚を出しているので中山にはまるかも。枠と出足の良いキングリスティア、安定して先行するコスモカレンドゥラまで押さえ。サートゥルナーリアは血統も良くて操作性が非常に高そう。ここだけ見れば強いようにも見えるんだけど勝ち時計は決して早くない。この時期の2歳馬を1倍台で本命に置くにはリスクが高すぎると判断して紐までに。

 

普段とちょっと違う買い方をしてみようと思う。◎○▲を1着、2着に置いて△3着づけの三連単、または◎○▲の馬連BOXで。