〔予想〕〔函館2000〕函館記念

◎クラウンディバイダ

○カレンラストショー

▲スズカデヴィアス

トリコロールブルー

△ナイトオブナイツ

 

本命は素直に逃げ馬のクラウンディバイダを選択。枠もいいしマイネルハニーは遮二無二逃げるような馬でもないからすんなり逃げられるだろう。夏でも走ってるし小回り適性も高い。マイネルハニーは馬場適性は高そうなんだけど逃げた時の実績3-3-2-3に対して、控えた時は2-1-0-9と振るわない。ハナを取れないだろうと踏んだ今回は切り。それよりもカレンラストショーの方が面白そう。56、57斤量でも準オープンで安定しているし、3走前にはダンビュライト相手に0.2差の3着もある。54でペース乱されずに走ったら十分頭まであるんじゃないか。あとの紐には大型馬券をくれていらい好きなスズカデヴィアス、安定感のあるトリコロールブルー、コース適性の高そうなナイトオブナイツを選択。トリコロールブルーは過去の1番人気実績から、ナイトオブナイツは枠順からちょっと割引してこの印に。

 

頭固定の三連単で。

〔予想〕〔阪神2200〕宝塚記念

土曜の雨で馬場状態はかなり悪くなっているというのを基本線に。土曜の傾向はとにかく逃げ先行。逃げ先行馬がかなり内を空けながら走っているから更に外を回される差し馬はかなり厳しい様子。①前のポジションがとれる②道悪適性が高くて時計のかかるレースに強い馬。シンプルにこれでいいや。

 

◎ワーザー
サトノクラウン
▲キセキ
△ノーブルマー

タツゴウゲキ

 

本命は香港の実績馬ワーザー。近走をみてもG1馬たちと勝ち負けできているし脚質も先行からちょい差しあたりにつけている様子。海外馬に重い印をつけたことはないんだけどここは本命に置くべきか。対抗はサトノクラウン。馬場が悪くなった時だけ発揮する能力は凄く高い。キセキと迷ったけど最後はオッズで選択。キセキは後ろからの馬だけど菊花賞の泥んこ馬場で突き抜けた脚力は力強かった。大外枠だしそもそも後ろからの馬なので外を回り続けることもないような気がする。最後の直線はデムーロの馬郡捌きが光るかもしれない。あとはノーブルマーズ前に行きそうな穴馬のなかで57.5キロを経験しているアドバンテージは大きい。オッズがこれならタツゴウゲキまでおさえたい。G1レベルなら足りない感があるけどこのメンバーは普通にG2クラスの集まり。100倍つくほど足りてないわけではない。ヴィブロスは一見すると条件が揃っているように見えるけど斤量55までならG12勝を含む4-3-0-3に対して56キロになると0-1-0-2と振るわない。2着に入ったアイルランドTも条件は合っていた中で牝馬に負けたというのは気になるところ。馬体も小さいし斤量の影響は大きいのでは。同様に斤量を理由にパフォーマプロミスも買わない。もしレース前に馬場が回復しているようなら予想を大きく変えないといけないな。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ここまでが昨日時点での予想。今日のレースを観ると馬場が明らかに回復してきているし内が伸びている。後悔しないことを前提に大きく予想を変更。

◎ストロングタイタン

タツゴウゲキ

▲ノーブルマー

△ダンビュライト

△パフォーマプロミス

道悪適性で選択していたサトノクラウンは迷わず消し。キセキもこの中じゃ自力はある方だと思うけど2番人気をおしてまで買いたい脚質でもない。ワーザーは実績があるだけに不気味なところだけどもうまとめて切っちゃえ。日本の高速馬場では海外馬は用無しのスタンス。高速馬場とはならんだろうけどメインレースまでにはかなり回復しそうだしここは思い切って前固め。ストロングタイタンだけは差しよりかな。本命はストロングタイタンとしつつも馬券の買い方としては単勝万馬券タツゴウゲキが事実上の軸馬。頭固定にするほどの自信もないけど軸にしたい、そんな葛藤からこの結論に至った。◎○のワイド、◎からの三連系で。

〔予想〕〔東京1600〕安田記念

リスグラシュー

○キャンベルジュニア

▲アエロリット

レッドファルクス

 

買いたい馬が凄く多いのにこれといった軸馬が定められない。こんなに決めきれないレースもなかなかないな。何を根拠として選択したかと問われるとそれもなかなか困る。かなり感性に頼った選択になった。不安要素を見ながらの消去法と、騎手の勢いを見ながら選択したというイメージが一番近いかな。スワーヴリチャードは距離が短過ぎる気がするし去年あれだけ神がかっていたデムーロが今年はG1で(デムーロにしては)あまり馬券に絡んできていない。モズアスコットは連闘じゃなければ軸にできると思ったけど、、、。サングレーザーは枠と左回りへの対応が未知数なところに不安あり。それらよりも最近勢いがあって昨日も馬券に絡みまくった戸崎のアエロリット、G1で力を発揮してくる川田のペルシアンナイトが面白い。でもそれよりも買いたくなるのは今年G1で勢いのある石橋のキャンベルジュニア。スローペースでキャンベルジュニア、アエロリットが残りそうな所に、レースの格でも斤量でも実績のあるレッドファルクスか56キロと斤量有利のリスグラシューが突っ込んでくるイメージで。もう△以下は絞れないから馬単3点でいこう。

〔予想〕〔阪神2000〕鳴尾記念

開幕週の阪神。天気も良いしマルターズアポジーもいるのでペースはそれなりに流れるだろう。本当は直前まで傾向を見たいところだけど。

 

◎タツゴウゲキ

長期休養明けが不安視されてのこの人気かな。でも自信もって勝てるという馬がいないこのメンバーでは自力上位。スパッと切れる脚はなくって粘り強い脚が持ち味。直線前の下りで加速した勢いでそのまま粘りそうな感じはある。高速馬場に強くて持ち時計もメンバー内で一番優秀。

 

トリコロールブルー

直線の切れ味で勝負できそうなのはこの一頭。

 

サトノノブレス

どういう条件化で能力を発揮するのかよくわからない馬だけど時々わけのわからない強さを見せる。オッズが二桁行くなら抑えるしかないという判断から。

 

△ナスノセイカ

好走サイクルは二戦目がベストだけど三戦目もそこそこ良い結果を出しているので紐なら。

 

トリオンフは小倉大賞典のようなインパクトがなくなってきた気がするな。使いすぎてるんじゃなかろうか。1番人気で買いたくなるほどの要素が見当たらないので切り。買い方は直前まで決めないでおこう。◎○の馬連だけでもいいような気がする。

〔予想〕〔東京2500〕目黒記念

ロードヴァンドール回避したことで個人的にすごく盛り下がった。初重賞制覇が期待できるメンバーだっただけに残念。てなわけで予想の熱もだいぶ下がったけど、馬券的にはダービーよりこっちの方が面白い。本命はソールインパクト。東京実績は2-1-6-3と安定していて馬券外の3走はいずれも1800。2400以上の距離に限定すれば1-1-4-0と安定感は更に上がる。斤量54で出走できるなら非常に魅力的だ。ソールインパクトを本命に据えるともう紐はよくわからないな。前の馬で期待したいのは前走逃げ切って時計も速かったウインテンダネス。実力所で買いたいのはチェスナットコート、騎手買いなら1番人気でデムーロが乗るパフォーマプロミス、今日乗れている騎手のボウマンがサウンズオブアースなら抑えておきたいかな。

◎ソールインパク

○パフォーマプロミス

▲チェスナットコート

△ウインテンダネス

サウンズオブアース

 

◎がそれなりの穴なんで紐は人気所でもそれなりにつくね。この際全部買ってしまおう。◎頭固定の三連単で。

〔予想〕〔東京2400〕東京優駿

◎ダノンプレミアム

エポカドーロ

▲ブラストワンピース

△ステルヴィオ

 

本命は素直にダノンプレミアム。距離延長、休み明け、折り合いといったところがちょっとした不安要素になっているのか、単勝2倍を超えてきたのは少々予想外。皐月賞前には三冠馬が出るかもという盛り上がりだったのに皐月賞を回避しただけで世間のテンションがうんと下がったように思う。このオッズは馬への評価が変化したというよりもダービーまでのストーリー性から生まれた産物なんだろう。だとしたらここで無理に強い馬に逆らうこともあるまい。シンザン記念のアーモンドアイ、朝日杯FSのダノンプレミアムは今年観た中で強さに驚かされた2頭。先に書いた不安要素はわからんでもないが、折り合いは弥生賞の時から不安視されながらも楽に勝ったし、2000であれだけ底を見せずに勝った馬が2400でスタミナ切れを起こすようなイメージも湧かない。過去にラブリーデイキタサンブラックと前でレースをする強い馬に逆らってはやられてきたのでその経験を活かしたい。

対抗はエポカドーロ。皐月賞であれだけ強い競馬をしたのに評価が低いのが不思議でならない。どうやら展開が向きすぎただけと思われている様子。確かに展開的にも恵まれたが、実質逃げの形となったレース展開で上がり35.1は立派。追込み勢のステルヴィオ、キタノコマンドール、グレイルが34.8で最速だったことを考慮すると前でレースを作りながら直線でも鋭かったラブリーデイとイメージが重なる。息の長い脚は皐月賞よりもむしろ今回の方が条件的に合うと判断。

ブラストワンピースの扱いに非常に困った。1番人気を本命にした上に2番人気まで買い目に入れるとなると...。何とか切る要素を探してみると明らかにスタートが悪い。有力馬が前でレースを作るメンバーなだけに出遅れは致命傷となるだろう。思い切って切ってやろうか...そうも思ったんだけど馬群の中から巨体を当てながら割り込んでくる強さが目に付く。多頭数、接戦、そんな展開で強さを発揮するタイプのような気がする。池添もここ最近はおとなしいけど大舞台に強いタイプだしなかなか切るに切れない。ダノンプレミアムを捉えられるレベルの切れ味は今回のメンバー内ではこの馬だけのような気もする。頭まであるかもしれないし派手に飛ぶかもしれない。本当に扱いに困る。だからブラストワンピースが失敗したときのためにステルヴィオまで抑えておきたい。キタノコマンドールが3番人気になっているのは成長力に期待されてなのかな。少なくとも皐月時点でステルヴィオの方が強かった。実態の無い成長力に期待するよりも実績、オッズ、騎手からこちらを選択。なによりも6番人気のルメールが怖い。流石に頭までは持ってこないと思うんだが...。

 

◎頭固定の三連単で。ダノンプレミアム固定の時点で大したオッズじゃないけど的中の難易度は実質馬単のようなものだと考えられる。馬単でこのオッズならまあいいんじゃないかな。

〔予想〕〔東京1600〕

◎ジュールポレール

◯カワキタエンカ

▲アエロリット

レーヌミノル

△アドマイヤリード

 

本命はジュールポレール。鞍上で割引は必要だけどこのオッズは魅力。前から競馬できる馬で1600だけの実績なら4-1-2-2と安定感あり。リピーターが多いヴィクトリアマイルで昨年3着と好走している点も評価したい。対抗はカワキタエンカ。今年の荒れるレースを演出しそうなのはここかな。マイル実績の不安からこのオッズにおさまっているのかな。鞍上が池添のままだったら本命にしたかも。アエロリットは逃げるカワキタエンカの後ろから楽にレースを運んでくるだろうし人気馬だけど逆らえない。レーヌミノルも1600だけならそんなに負けているように見えないし桜花賞馬なのでピークさえ過ぎていなければ実力は十分。しっかり押さえておきたい。あとはちょっと絞りにくいな。連勝中のミスパンテール、兄弟実績からレッドアヴァンセ。馬場次第ではアドマイヤリードまで押さえたい。

 

雨が降ってきたので多少予想を入れ替えた。ミスパンテール、レッドアヴァンセを切ってアドマイヤリード追加。◎◯▲で色を変化をつけて馬単BOX、◎頭固定の三連単で大勝負。