〔予想〕〔東京1600〕ヴィクトリアマイル

地力でもコース適性でもアエロリット。東京1600、1800ではトップクラスの牡馬相手でも勝ち負けしている上に、馬場もかなり高速仕様になっているようでもう逆らう余地が見当たらない。唯一怖いのは横山のポツン炸裂くらいかな。アエロリットを軸に考えると馬場状態、枠の利からアマルフィコーストを次点に置きたい。ハナにたって自分でペースを作る展開になれば複勝圏内はなかなか堅いんじゃなかろうか。仮にアエロリットがペースを作る展開になったと想定すると紐には末脚自慢の穴馬を抑えておきたいところ。10番人気のデンコウアンジュ、16番人気のミエノサクシードがうってつけ。

 

◎アエロリット

アマルフィコースト

▲ミエノサクシード

デンコウアンジュ

△レッドオルガ

△ラッキーライラック

 

◎→○▲の馬単、◎頭固定の三連単で広く大きく勝負したい。

〔予想〕〔京都3200〕天皇賞春

予想を記すことを長らくサボっていました。どうしても4月~9月にかけてはビーチバレーが楽しくなる季節なのでサボりがちになります...。

 

◎ロードヴァンドール

○エタリオウ

▲ユーキャンスマイル

△フィエールマン

△チェスナットコート

 

本命はロードヴァンドール。阪神大章典は競馬を始めてから過去最も悔やまれる馬券の買い方をしてしまった。4歳の小倉大章典以降、ずっと追いかけていたロードヴァンドールを初めて切ったレースで快走の3着。1着、2着を当てていただけにゴールの瞬間は思わず叫んだくらい悔しかった。ダイワメジャー産句という理由だけで切ったことをすごく後悔。そんなことがあって今回買うのは悔しさがぶり返しそうではあるけど、気持ちよく走れば長距離もこなせることは証明済。そんでもって今回も多少時計のかかる馬場で自分でペースを作るという得意の展開になりそうな気配。大外枠にはなったけど13頭立てならさほど不利も無し。対抗には地力のあるエタリオウと長距離戦線で活躍しているユーキャンスマイル。ここまでは頭までありそう。フィエールマンは展開次第で届かず着外があるかもしれない。チェスナットコートはこのコースで圧倒的に実績のある1枠1番なので無条件で紐に入れておこう。

 

◎→○▲の馬連、◎頭固定の三連単で。

〔予想〕〔阪神2000〕大阪杯

◎キセキ

○サングレーザー

エポカドーロ

アルアイン

 

本命はキセキ。JCはアーモンドアイが特別な存在だっただけでキセキのパフォーマンスは圧巻だった。有馬記念でもスタート不利な外枠から激しく長めにハナの取り合いをやってかなり脚を使わされたにもかかわらずゴール寸前まで先頭を許さない粘りを見せた。有馬記念で一番強い競馬をしたのはキセキだったと思う。ある程度時計のかかる馬場になっているのもプラス材料として。

対抗には、時計のかかる馬場と言えば際立った強さを見せるサングレーザー。騎手の差でキセキを本命にしたけどオッズを考えればこちらを本命にしようか迷うところ。

積極的に買いたい馬はこの二頭まで。それでもエポカドーロは今回まで押さえておきたい。既にピークを過ぎてしまったようにも見える一方で叩き良化型の馬にも思える。最後にエポカドーロが残る展開ならアルアインを連れてくる可能性があるとみてこの4頭に。

〔予想〕〔小倉1800〕小倉大賞典

◎レトロロック
○タニノフランケル
▲マウントゴールド
△スティッフェリオ

過去傾向から①5歳、または7歳馬の回収率が高い。②1番人気と6番人気の成績が同等。ということは回収率は大幅に6番人気が上。③このコースに超強いディープ産句。④内枠有利かつ逃げ先行馬有利。んでもって1800の非根幹距離で実績のある馬...。ほぼ100点でレトロロックになってしまった。こんなにも条件が揃った馬がちゃんとその通りになるのかと聞かれると不安になるけどたまにはこんな思考停止の買い方もありかもしれない。紐にはこのレースで無類に強い川田が乗るタニノフランケル。夏馬っぽいマウントゴールドは少々割引の印に。んでスティッフェリオまでおさえましょうかね。ナイトオブナイツもかなり気になるけど5頭に広げるより4頭で予算倍の方が面白いかもしれない。

◎頭固定の三連単で。

〔予想〕〔京都2400〕日経新春杯

やたら時計がかかっている京都の馬場。上がりが遅い展開になったときに前の馬はどこまで残れるんだろう。後ろから突っ込んできそうな馬も入れておきたい。買いたい馬がやたら外枠寄りに固まったけど少なくとも土曜日の京都は外枠が好走しまくっている馬場状態。このまま続けという願いも込めて外枠ばっかりでいいや。

 

◎ロードヴァンドール
○ムイトオブリガード
▲メイショウテッコン
△ウインテンダネス
△ルックトゥワイス
△ノーブルマー


本命はロードヴァンドール。京都実績は昨年の同レース2着も含めて3-2-1-2と安定。G1以外でそんなに大崩れすることはない馬で前走のチャレンジC大敗はスタート直後から横山がレースを止めてしまっただけだから除外できる。外枠を嫌われたのかやたらオッズがついているけどこの馬の武器は直線で持続力のある長い脚を使えるところ。上がりの遅い馬場での粘り勝負なら望む所だ。更に昨日の京都は外枠がかなり健闘しているから今の馬場状態なら頭まである。前走のような騎乗した本当に怒るぞ横山。

対抗はムイトオブリガード。2400は3-0-0-0でパーフェクト。格のある相手が不在だったとは言え距離適性は安心できる。京都に強い川田にも期待。脚質から枠もさほど不利に働かないだろう。川田が大外を回して突っ込んでくるイメージが怖い。

逃げ先行馬の中で地力上位のメイショウテッコンも買いたい。逃げ馬に乗った時の武豊は怖いし頭まであると思うんだけど軸を3頭まで増やすと買い目が多くなりすぎるので泣く泣くこの印に。紐には京都イン突きが怖い岩田騎乗のルックトゥワイス、稍重宝塚記念3着があるノーブルマーズ、そのノーブルマーズに勝ったことがあって恐らく地力ならノーブルマーズ以上のウインテンダネスまで押さえたい。頑張って6頭まで絞ったけどこれ以上は絞りたくない。△の馬のオッズがどれも魅力的で...。多少買い目が多くなるけど明日の京成杯は十分な予想の時間が取れそうにないしその予算を今日遣おうかな。予算次第だけど◎○の馬連、◎頭固定の三連単を買いたいところ。