読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〔予想〕〔阪神2000〕大阪杯

<レース傾向>
馬番
1-5番 複勝率18.0%(3-2-4-41) 6-10番 複勝率33.3%(5-6-5-32) 11-14番 複勝率22.7%(2-2-1-17)

脚質
逃げ(1-2-1-6) 先行(3-4-4-27) 中団(3-2-4-34) 後方(3-2-1-23)

オッズ
一番人気の勝率40.0%、連対率70.0%、複勝率90.0%、回収率も複勝で104%と絶対に馬券からは外せない。二番人気が勝率20%、複勝率50%、六番人気が勝率20%、複勝率40%と同等の実績。六番人気までは軸にすることも可能。

騎手
浜中、池添

個人的には競馬を始めてからの二年間で最高のドリームレース。現役最強のキタサンブラックに好きな馬達が挑む形となった。今回はかなり感情論が入っているので予想としての精度はあまりアテにならないかもしれない 笑(もちろん僕としては超真面目に分析・予想をしたわけだが…。)
予想する際の大きな優先順位として普段は①馬券妙味(回収期待値)②勝率(強さ・条件適合)③好きな馬(追っかけ馬)から考えているんだけど、今回は特に③が占める部分が大きい。カテゴリ分けをしてみると…

マルターズアポジー、ロードヴァアンドールステファノス、スズカデヴィアス、ヤマカツエース

キタサンブラックマカヒキヤマカツエースマルターズアポジー
ヤマカツエース、ロードヴァンドール、アンビシャス

てなわけで①②③全てに属したヤマカツエースが本命。馬券妙味の薄い人気の上位馬に対して、何かしら隙を見つけては選択から切っていきたいところなんだけど、今回の上位人気馬はなかなかに切り要素が見当たらない。かと言って上位人気馬ばかりを選択しした馬券なんて何も面白くないし…ここは一周回って好きな馬ばかり買ってみよう!との結論に至る。

ヤマカツエース
この馬が出るレースは問答無用で本命にする所存。追っかけを始めた当初は大した切れ味もない差し馬だったんだけど、粘り強い先行力を身につけながら実績を伸ばしてきた。最近では上がり最速クラスの切れ味をひっさげてまた差し傾向に。ある程度ペースが流れても、ある程度スローになっても対応できる柔軟性が最大の武器。今回はマルターズアポジーやロードヴァンドールがキタサンブラックが作ろうとするスロー展開を破壊してくれるんじゃないかと思っている。そうなれば、中団前目から新しい武器を身につけたヤマカツエースが飛んでくる可能性は高い。阪神実績は0-0-0-4と一見頼りないが脚質自体は阪神が合っていないようには見えないし、本格化してきた今ならこのメンバーでも頭まで十分狙える。G1に強く大阪杯でも実績のある池添にも期待したい。

マルターズアポジー
小倉大章典の走りで惚れた。最近ではあまり見なくなってきたハイペースで逃げる姿はカッコ良かったし、デビューから19戦全てハナに立って逃げているのも美しい 笑
前走はハイペースについて行けずにことごとく前の馬が潰れていく中で鮮やかな逃げ切り。驚異の強さを見せた。実力馬達がキタサンブラックだけを意識して単騎逃げする展開になれば逃げ切りもありえる。

キタサンブラック
強い。馬券を外すイメージが全くわかない。スタミナのある逃げ馬で末脚も速くて勝負根性強くて操作性も良いとかどうやったら勝てるんだ?去年はアンビシャスに遅れをとったけど斤量差があったしあの時より明らかに強くなっている。これぞG1というメンバー揃った今回でも負ける姿がなかなかイメージできない。過去10年の一番人気実績が4-3-2-1と連対7割、複勝9割というのもあって選択に入れざるを得ない。G1連戦が予想されるローテーションの初戦という割引を考えてもこの印に。

△ロードヴァンドール
小倉大章典、金鯱賞の走りからもかなりの実力をもっていると思うんです。まだ重賞は未勝利だけど重賞クラスの実力は既にある。流石に正真正銘G1級のこのメンバーでは、馬券妙味、好きな馬の下駄を履かせてもこの印まで。勝負根性に期待。

△アンビシャス
ずっと追っかけてきた馬なんだけど成長が止まった感があるな。型にはまった時の切れ味はトップクラスなんだけど、それを見せる機会があまりにも少ない。今回はペースが流れそうなので今回まで期待してみたい。

ヤマカツエース
マルターズアポジー
キタサンブラック
△ロードヴァンドール
△アンビシャス

今年の四半期を終えて少し予算が余っているのでこのドリームレースは普段しない大掛けをしようと思う。いつもの◎頭固定の三連単12点に加えて、◎→〇と◎→▲の馬連2点、◎〇▲の三連複1点で。